首イボ治療の液体窒素って痛いの?

MENU

皮膚科での首イボ治療「液体窒素」とは?

年齢や肌の乾燥など、様々な理由で出来る首イボ。

 

ほとんどのものが良性で、体に悪さをするものではないと解ってはいるけれど・・服を着たり脱いだりする時に引っかかったりするし、何より女性ですから見た目が気になりますよね!

 

首イボの取り方として、首イボ用クリームなど自宅でできるケアと、皮膚科や美容クリニックなどでの治療があります。

 

皮膚科で行われている一般的な治療が「液体窒素」治療。
・・でも、この治療は、痛みが伴うと言われているのでためらう人も多いですね。

 

わかります、実は私も液体窒素でイボを焼いた事があります、もう10年前なのですが・・でも痛くて通院できませんでした(^^;
しばらく焼けたイボが黒くかさぶたになって目立ったのもイヤでした(泣)

 

 

さすがに今は医療も進んでいるだろうし、痛くないのでは?と思い、液体窒素での治療のメリットやデメリットについて、調べてみましたよ!

 

 

首イボの液体窒素治療のメリット

 

保険が利き、治療費が安い

こういった、命に直接関わりにくい美容系の治療などは保険が利かない事がほとんどです。

 

しかし、首イボの液体窒素での治療に関しては保険が利くのです♪
治療費は想像以上に安く、500円前後で済む病院が多いようです。

 

 

治療にかかる時間が短い

 


『首イボの液体窒素で除去』と考えると、すごく大がかりな治療というようなイメージではありませんか?
ですが使用する器具なども特別な物でもないらしく、ほとんどの病院ですぐに受け入れ治療をしてくれます。

 

治療の作業としては5分ほど。
・・とはいっても、治療期間は1日では終わらない場合が殆どなので注意!← この通院がイヤなんですよねぇ。。

 

 

首イボの液体窒素治療のデメリット

 

痛みを伴う

最初にも書きましたが、液体窒素はマイナス190℃で低温火傷をさせるので、やはり痛みを避ける事はできないようです。
チクっとした痛みはあります(涙) やっぱり、痛みは今でもあるんですね。。。

 

治療痕が残る

これは毎日のお手入れをしっかりとして、肌のターンオーバーを促進してあげればある程度解決できることなのですが・・首イボの治療痕が残る可能性はあります。

 

普段のお手入れが手抜きの人も、首イボを液体窒素で治療した後はしっかりと肌のお手入れをする事をオススメします。

 

再発しやすい

首イボを液体窒素で除去したとしても、表面的なイボを除去したにすぎず根本的な治療をした訳ではありません。
ですから治療後のお手入れもせずに放っておくと、再発する可能性はかなり高くなります

 

痛い思いをしたのに、再発って・・ホント悲しくなりますね。

 

治療期間が長い

治療の作業に要する時間は短いのですが、首イボの数や大きさによっては数ヶ月も通院しなければいけません。

 

1回きりで終わる事は、まず『ない』と考えて下さい。これは、痛みの次に痛い。忙しいのに通うのってけっこう大変です。

 

 

液体窒素の治療の種類や方法

 

首イボの液体窒素での治療を簡単に説明すると、イボをマイナス190℃の液体窒素で急激に冷やし低温火傷を起こさせ、イボの部分を壊死させて除去するという事なのです。

 

書いてて痛々しい感じですが、その治療の種類は3つあります。

 

 

綿球法

いちばんポピュラーな方法だと言われています。

 

綿球や綿棒に液体窒素を含ませ、首イボに押し当てて低温火傷を起こさせます。
まずイボが黒くなり、数日でカサブタができます。
2週間前後でカサブタが剥がれるので、再び同じ個所に液体窒素を含ませた綿球や綿棒を押し当てます。

 

cryoforceps法

綿球法に次いでよく用いられる方法ですが、液体窒素がイボに浸透する量が少ないので大きなイボの場合は不向きだとされています。

 

銅製のピンセットの先端を液体窒素で冷却し、イボをつまんで除去するのがcryoforceps法です。

 

スプレー法

海外では一般的な治療法ですが、日本で用いられる事はかなり少ないようです。

 

首イボに液体窒素をスプレーで吹き付けて低温火傷を起こさせます。
広範囲の治療が一気にできるのですが、あまりに顔に近い部分だと避けた方がいいとされています。

 

 

首イボには液体窒素以外にはどんな治療法があるの?

 

切断除去
ハサミやメスなどで、首イボを切断して除去します。
痛みも少なく、治療痕が残りにくいと言われています。・・が、痛みの感覚は個人差があると思います!

 

レーザー法
ルミナスレーザーや炭酸ガスレーザーを首イボ1つ1つに照射して、蒸散させます。麻酔クリームを塗るので痛みを感じる事は少なく、再発しにくいのがいいとされています。

 

まれに色素沈着があることも。保険適用にならない場合が多いので費用は高いです。

 

内服薬
首イボに効果のある成分が含まれている薬を服用して、体の内側から治療をしていきます。
ヨクイニンなど。外科的な治療に不安がある人に向いていますが、時間がかかり過ぎるのが欠点ではあります。

 

切断除去・・という方法は痛みも少ない・・とあちこちで言われていますが、本当なのかしら(^^;

 

実際に、息子が幼稚園の頃にウイルス性の「水イボ」治療をしてもらった経験からすると、皮膚科の先生の腕にもよると思いました。
あの頃は、液体窒素よりも、「ピンセットでつまんで切る」という荒業?とも思えるやり方で、脇や胸、背中の水イボを何十個もピンセットでつまんで引きちぎったんですから(汗)

 

子供ですから、痛くで大泣き・・切除した水イボは小さなものでしたが、一度に20個くらい切除したので、ホントに「血だらけ」という見てられない感じでした。
出血した部分が他の皮膚につくと広がるので、ガーゼで処置をしてくれましたが、、なんとも痛々しい水イボ治療をしていました(今から20年前のお話しですw)

 

学校やスイミングスクールなどでうつってしまうんですよね。
皮膚科の先生によると、水イボの場合には放置しても自然に消える場合も多いと言われましたが、、水イボがあるとプールに入れないので、治療をうけました。

 

今となっては いい判断だったのか悩むところです。

 

 

液体窒素で首イボを治す・・について

 

首イボの液体窒素での治療について調べてみましたが、、やはり痛みを感じた人も多いし再発はある場合が多いようですね。

 

 

首イボの大きさなどで個人差はあるようですが、1回だけで済むのであれば勇気が出せますが、何個も治療をする場合には恐怖心が勝ってしまうのはしかたがないと思います。痛い思いをしたのに、、再発なんて、辛すぎます。。

 

 

そんな思いをするのなら、その前に、まずは自宅で出来る方法を試してみる方が断然おすすめです。
私も、それでも無理だったら、その時に皮膚科に行けばいいかな、、と思い試したのが首イボ用のコスメでした^^

 

最近の首イボ除去クリームは 以前のオイル系に比べてすっごく進化しているので試す価値ありですよ!

 

 ↓  ↓  ↓  ↓
首イボ除去コスメ★人気ランキング